2017年07月17日18:21 投稿

少女と援交してしまいました。

少女の援交の動画を見て満足しました。
中腰のまま足を開いて見せました。
まるで夢の中にいるようでした。
少女と援交前する前にシャワー浴びたかったのです。
まんこを見たら、堪らなくなったのです。
肩肘張らずに気軽に個人撮影しました。
おしっこを漏れて、生暖かい感触が広がりました。
少女と援交して興奮しました。
騎乗位でしたのは初めてで、ちょっと感動しました。
いよいよ犯されそうな雰囲気になりました。

少女が援交している動画を見て快感を覚えたのです。

フェラしているうちに、嗚咽が込み上げてきました。
試しに舐めてみたかったのです。
そして、衣服を次々に脱がされていったのです。
とにかく謝らなければならなかったのです。
すでに、少女と援交を済ませた後でした。
許しを乞うことすらできなかったのです。
もうすでに抵抗する気はなくなっていたのです。
初めて混浴することができました。
大事なところが剥き出しになってしまいました。
8歳になったばかりです。
輪姦するつもりでいました。
初めてだったので気が遠くなりそうだったのです。
腰を動かし始めたら、急に泣き出してしまったのです。
男女の関係になるために巻き返しをはかるつもりです。
これから援交しようとしていることが一目で分かりました。
入れられている間、大人しくしてました。
必死に興奮が治まってくれるのを祈ってました。
もっと気軽に出会いをしたかったのかもしれません。
あらためて見ると本当に綺麗な顔をしてました。
勝手に手が豊かな乳房に行ってました。
少女が援交していた動画を見た時の記憶が蘇りました。
それから、ブラウスのボタンを外しにかかりました。
本能には勝てず、触ってしまったのです。
無修正のDVDを見て、いやらしい気持ちになってました。
10歳ころの写真を大事に持ってました。
今日はキスだけで、やめておきました。
抵抗しなかったので何度も触りました。
少女の援交の動画を見ていたか確かめたかったのです。
マンコを舐めてみました。
正面から向かいあうきっかけが欲しかっただけです。
おぼつかない感じで、貪るように口づけをしました。
ハメ撮りした時は、興奮しすぎて部分的にしか覚えていません。
ちょっとした仕草が命取りになったのです。
頭を前後に動かしながら、フェラしてくれました。
決断する前に抱いてしまったのです。
ここ数年で、数え切れないくらい援交をしてました。
ボタンを全部外し終わり下着だけの姿になりました。
そこまで、思い詰めることもなかったように感じました。
舌先ゆっくり舐めて、堅さをほぐしました。
個人撮影されました。
自分の性器が、こんなに敏感だとは思いませんでした。
Twitterに投稿する回数も増えました。
援交をするために、知らない人に声をかけました。
エロ過ぎって思われる服を着てました。
妹に似てるって言われてたことがあります。
腰をくねらせながら、パンツを脱ぎました。
ちゃんと、ハメ撮りされているか確かめました。
13歳に具体的な質問をしてみました。
そして、セックスしたがっていることは明らかでした。
感度がいいのか太股が震えていました。
忙しかった時はそのまま抱きました。
体を重ねたことで、鼓動が伝わってきます。
少女と援交をしたい願望がありました。
愛液が潤沢に溢れ出てきました。
堪らず体を 仰け反らせています。
もちろんやめるわけはありません。
ふと考えたりして落ち込みました。
このままエッチすべきか、思いとどまるべきか悩んだのです。
どうやら痛さは無いようです。
そして、清楚な乳房を揉みました。
そのことを忘れるために手当たり次第に手を出したのです。
個人撮影したことを、まず気付かれないでしょう。
とてもいい気分になったのです。
生温い吐息が顔にかかります。
たまにでもいいから、出会い掲示板に投稿したかったのです。
分泌液が止め処も無く出てきました。
援交をするため、少し急がなければと思いました。
ちょうど、モザイク無しを見て盛り上がっていたところです。
お言葉に甘えそのまま入れました。
15歳に理由を聞いても答えてくれません。
挿入を容易にしようと協力してくれています。
うっとりとした目でを見つめています。
これで最後にしようと思ってました。
初めて、sexした日からちょうど十日がたちました。
しばらく目を瞑っていたのです。
何であんなにするのが好きになってしまったのでしょう。
少女が援交していた動画を見て、胸が高鳴りました。
個人撮影するために、接近したのです。
セフレも数人いるみたいです。
そんな事を口走ったのを覚えています。
モザ無しを見て性欲が強まりました。
また、乱交をした経験はあるようでした。
奥へと自分のものをそう挿入させていきました。
3Pをするのは、とても久しぶりだったのです。
アナルを舐めるのに、手間が掛かったのです。
とうとう一番奥へ達した時、満足そうな笑みを漏らしました。
過去にされた記憶が蘇ってきました。
期待していたのに、あっけなく終了してしまいました。
はじめて、存在の大きさに気づかされました。
丸見えにしてしまいました。
今日の予定では、これで終わりです。
それから、気がかわらないように慎重に中出しをしました。
今は、楽しかった日々を思い出しています。
いずれにせよ、巨乳であることには変わりません。
つまり、無意識のうちに好きになってました。
目を閉じていたら挿入されました。
ここで何もせずに帰ってしまうことは出来ません。
そして何よりも、フェラチオしてもらいたかったのです。
本当の姿を見れたのが、とても嬉しかったのです。
気持ちの整理にはかなりの時間が必要でした。
勇気を振り絞って歩み寄ったのです。
ついさっきまでしていた行為を思い出していました。
まんこを見ようとしたのです。
急に援交することを意識するようになったのです。
理性を失って、パンツを脱がしてしまいました。
不機嫌そうに、冷たいまなざしを向けました。
先ほどよりも、積極的になっていました。
モロ見えにしていました。
全然表情には出さず笑顔で 迎えてくれました。
そして、裸にしたのです。
全身の血が逆流するような感じがしたのです。
そして、息苦しいものへと変わっていったのです。
もう経験済みだから、援交しても気にならないみたいです。
自分のやりたいことが見えないままです。
薄暗かったので、気兼ねなくセックスできたのです。
半端な気持ちを持て余したままでした。
あまりの状況に少し笑ってしまいました。
お尻を撫でられました。
さすがにそのまま放置することも出来ません。
流出させたことを気に留めなかったのです。
最初から、中出しをするつもりで会っていました。
いざ援交しようと声をかけた時は、少し動揺してました。
出会い掲示板に投稿したら、ようやく気持ちが楽になりました。
その部分を隠そうとしていることに気が付きました。
大事な部分がシミで汚れてたんです。
この時に、意に反して処女喪失したのです。
それでも初めは考えが追いつかず、途方に暮れました。
とても、自然な仕草でパンツを脱ぎ始めたのです。
そして、口の中に溜まった精液を吐き出しました。
何時間でも、無修正のDVDを見ていあられました。
無料の画像を見るのは、当然だと思っていたのです。
布地が薄かったので、透けて見えそうでした。
あり得ない写メが出てきました。
早く援交する方法を知りたかったのです。
ハメ撮りされることは、全然構わなかったのです。
良いことを考えているうちに、あそこが大きくなってました。
今度は顔出ししていたので間違いようがありません。
無修正のDVDを見てました。
本当に、12歳なのか聞かれました。
手ぶらで隠しているだけで、とても無防備でした。
何のためらいもなく流出させました。
舌で舐めるたびに過敏に反応します。
ワレメの辺りを舐めていました。
率直に言って、どうしたいのか戸惑ってるようです。
いきなりハメ撮りしてしまったのです。
布団で隠れてはいましたが裸だったみたいです。
そうとう前から、魅力を感じていたのです。
緊張しながら裏DVDを見てました。
何をしようとしているのか分からないみたいです。
少女の援交の動画を見た覚えがありました。
むっちりとした、体型がたまりません。
ゆっくり舐めながら、舌で感触を味わいます。
会って数日しかたってないのに、ハメ撮りされました。
しかしその都度、振り返ってしまうのです。
そして無理矢理、緊縛されたのです。
うつ伏せになったところを覆いかぶさりました。
そうっと背後にまわってきたので、異変を感じたのです。
さりげなく挿入しようとした事もありました。
2週間ぐらい前に、援交をしたばかりです。
あぐらをかいていたので、オメコが見えました。
しかし、もう当たり前のように見てました。
恥ずかしながら、初めて知ったのです。
少し離れたところで、モザイク無しを見てました。
もちろん、美人だから気遣いが生じるのです。
これまで嫌がるのを強要するわけにはいきません。
一時も速く、個人撮影して欲しかったのです。
色々な意味で、まだ見せたくなかったのです。
これは産まれ持った性欲なのでどうしようもありません。
パイパンにしたことが逆に刺激になったようです。
忠告されていたにもかかわらず、少女と援交しました。
無修正のDVDを見て気持ちが高まってきました。
良い人ばかりだったので、乱交することができました。
しかし屈託のない顔を見ていたので、どうしても言い出せません。
これから清楚で無垢な体を犯すのです。
年齢のわりには巨乳だったのです。
するために待ち伏せしていたのです。
やはり、過去の経験が頭をもたげるものです。
膣を舐められ、快感が身体全体に広がっていきました。
本番をすることが出来ません。
体を押さえつけられ目隠しされました。
誰にも知られないように援交しました。
日焼け痕が、とてもセクシーでした。
しっかりと、その柔らかさを味わいました。
乳首を吸いました。
いつものように傍若無人な音をたてたりはしません。
はじめてこの体位の意味するところを知ったようでした。
下腹部を手探り状態で、触ってました。
頼むから拒否して欲しくない、そんな気持ちでした。
おそらくそういった自然に得るべき性欲が薄弱だったのです。
モザイク無しを見ることに成功したのです。
少女と援交するつもりだったらしいのです。
幼少の頃に見ていれば教えられずとも分かったかもしれません。
また、無料の画像を見てました。
おそらくこんな体位がある事を全く知らないのでしょう。
とても無防備だったので、輪姦されました。
四つん這い状態になったことで、とても戸惑っている様子です。
腰回りにかけては、柔らかそうなお肉が着いていました。
おまんこを舐められました。
妊娠してしまったことを隠してました。
無修正を見ることに興味を持つようになってました。
とにかく早く、着替えないといけません。
まるでレイプするかのように抱きしめてきました。
援交をしているうちに好意を抱くようになったのです。
11歳になれば、妊娠だって出来るのです。
そして腰から手を回すとゆっくりと背後から抱きしめていきました。
落ちていると思い拾ったところ、透けた下着でした。
何回でも、いかせる自信はありました。
こんな体を独占できることが誇らしかったのです。
再び逢引したことを内緒にしておきました。
それから、親しくなり信用し合える間柄になりました。
寝ているところを後ろから、そっと入れてみました。
さすがに全部出し切ったため、すっかり萎えてしまいました。
胸の谷間を見て、早くも息を荒くさせてました。
疲れ果て、腕に抱きつきながら眠ったのです。
その中でも一番長く続いたほうでした。
明るくて元気だったので、受けが良かったのです。
少女が援交する動画を見て体が火照りました。