2018年2月16日21:01 投稿

女子高生のビキニの画像を見ました。

女子高生がビキニで立っていたので近づいてよく見ようとしました。
昨年の夏の終わり、海に行ったのです。
なんだかわからないけどグッときてしまいました。
現実世界の身近な子がいいのです。
もちろん超絶ボディなら当然のことですが興奮します。
女子高生がビキニを着ているのを見て快感が込み上げてきました。
生々しい性体験をしてしまったのです。
そこへ行く目的はナンパ以外有り得ません。
お尻が見えてたのに、知らないふりをしてました。
全国的にも有名なビーチに行ったので、たくさん人がいました。
何だか急にやる気が出てきたのです。
足を開いて座っていたためエッチな気分になりました。
来てしまえば、すぐに目的を達成できると思ってました。
そんな時に予期せぬ幸運が訪れたのです。
斜め向かいに座って15歳に声をかけたのです。
日に焼けた肌に似合う茶髪でした。
いきなり話しかけられているとは思わなかったので、何も返事をしなかったのです。
女子高生がビキニを着ていたので、声をかけてみたのです。
いきなり真横に座ってきたので、少しびっくりしました。
どうやら地元の人で、暇を持て余していたらしいのです。
盗撮するのかなと思いながら、目で追っていたのです。
それからしばらく話して次第に打ち解けてきました。
真っ白な歯が眩しくて、素敵な人だなって思ったのです。

女子高生のビキニの画像を見るのが好きなんです。

時間はあっという間に過ぎていき気づけば夕方になってました。
そろそろ帰ろうかと思い支度を始めたのです。
ジュニアアイドルになって本当に嬉しそうにしてました。
何か用事があるらしく帰ると言ってました。
たぶん俺に気をつかってくれたのでしょう。
姿勢を変えながら、おっぱいポロリしてしまったのです。
詳しい事情は聞かなかったのですが、寂しそうな顔をしていました。
この場所から離れることが嫌なのかもしれません。
こんなにいやらしいDVDを見てよかったのです。
部屋に入るなり、いきなり抱きつかれたのです。
声をかけられたのは何年かぶりで、ちょっと気分が高揚しました。
そのまま押し倒されてベットの頭を打ち付けてしまいました。
その後、聞いたんですが素人だったのです。
最後の思い出を作りたかったのです。
何が何だかわからないまま関係を結んでしまったのです。
下着が深く食い込んだ、お尻を触ろうとしてました。
連絡先を聞いても、教えてくれなかったのです。
ひと夏の恋だと割り切ることにしました。
個人撮影することに味をしめてしまったのです。
露出の多いのを着ていて、胸も平均的に大きかったのです。
ある日、プールに遊びに行きました。
ジュニアアイドルがその気になるまで待ちました。
体の発育がよく、のりも良かったので関心をひきました。
当然、ここで会ったことはまったくの想定外でした。
初めからちゃんと動画を見ることが出来ました。
話が進み、一緒に行動することになりました。
恥ずかしさで激しく動いたりは出来ませんでした。
まんこ食い込みがくすぐったくて苦手みたいです。
あまりにの大きさのせいで胸の谷間が常に出来てます。
今まで見せつけていたのに手で隠すようになってました。
こんなところに連れてこられて接写されていたのです。
ふと斜めを見ると、なんと足を組んで寝ていたのです。
ビーチボールで遊んでる時に脱げてしまったのです。
そんな中、最大の事故が起こったのです。
辺りをじろじろ見ながら手ブラをしてました。
いきなりのことで動揺したせいかしばらく直せずにいました。
もしかすると股間に手をやることが出来なかったのかもしれません。
その時にどうしても16歳と話すことができなかったのです。
目線が股間にいっていることがわかりました。
手で隠して、そのままトイレに逃げるように行きました。
帰宅して早速、水着を探しました。
しばらく帰ってこないので様子を見に行きました。
なんとか再び楽しく遊ぶことになりました。
まさか陰毛が出ていたとは驚きでした。
遠くから見てもわかるくらい出てしまったのです。
流れるプールで浮き輪で遊びました。
インスタグラムに投稿して、とても痛快な気持ちになれました。
何事も無かったように恥ずかしさがまるでないようにはき直しました。
その後着替えのためそれぞれ更衣室に行きました。
M字開脚していることに気付いて慌ててスカートの裾を直しました。
ロッカーまでやっとの思いでたどり着きました。
見えそうになって驚きのあまり息が詰まりそうになりました。
着替える場所が混雑していて困ったのです。
食い込みしているところを見てエロい気持ちになったのです。
しょうがないのでトイレで着替えることにしました。
鍵を閉めてなかったのですぐに来てくれました。
後はもうどうなっても良いと思えるほどグラマーだったのです。
常に誰かに見られてるかもという不安がありました。
さらに不安と少しの興奮が入り交じり、複雑な心境になりました。
ビキニだというのに胡坐をかいて座ってました。
愛液が溢れて濡れていることに気づかれるかもしれません。
正座をしてましたが、辛くなってあぐらになりました。
涙目になりながらモロ見えにしてました。
足を戻そうと思った時に、たまたま視線が股間にいきました。
もう見えてないことを祈るばかりです。
露出の多い水着を着てました。
大きな音でも立てない限りここで何をしてもばれません。
今は、とにかく動きたくありませんでした。
ゆっくりスカートを捲りパンツを脱いだのです。
急にむらっ気がおきてエロいと感じました。
散々煽られて、恥ずかしさも忘れて大きく足を開きました。
誰よりも恥ずかしがり屋で、いつも露出の少ない服を着てました。
ビキニに着替えてもらうのに苦労しました。
まるで復讐するかのように命令してきたのです。
なんとかブラだけは外れずに済んだのです。
少しだけDVDを見て舞い上がったのです。
最後は狭いお風呂に一緒に入りました。
失恋直後だったのでナンパにも力が入りました。
可愛げのある顔をした17歳だったのです。
うっすら日焼けしている感じが夏っぽいと思えたのです。
Tシャツにエプロンという姿で立ってました。
失敗なんて恐れはしないと決めて迷いは消えたのです。
向かいの席に座り体を反らして巨乳を強調していたのです。
これをされたら断れないことを知ったうえでの行為だったのです。
ある程度満足する内容になったので決めることにしました。
かなりやらしい目つきになってエッチなことをしたのです。
日焼けをしたくてデッキチェアで寝転がっていたのです。
早めに休憩をもらって浜辺で遊ぶことにしました。
生地が薄くて乳首の位置がわかりました。
見たくて階段の下に身をひそめていたのです。
日焼け跡をつけたくないから最小サイズのものを着ていたのです。
そんな話をしながらしばらく遊んでいたのです。
あまりのも短いミニスカートをはいていたためエッチをしたくなったのです。
いきなり抱きついてきたので、やわらかい胸があたりました。
軽く触るとさらに激しくキスを求めてきたのです。
それから、ほとんど毎日のように上半身裸になったのです。
たっぷり愛するように丁寧に撫でてくれました。
だんだん気持ちが高揚してきて、抱きしめたくなったのです。
ビキニを着て部屋から出てきました。
太ももに顔が触れないよう近づけて中を覗き込みました。
仲良さそうにしているのを見て、どうやら嫉妬してしまったらしいのです。
それから週末や時間がある時はなるべく行くようしてました。
ワレメに触れたら気が楽になりました。 
海水浴は久しぶりで、早く泳ぎたくて服を着たまま海に飛び込んでしまいました。
目の保養みたいな感じで、歩いている子を下から見てました。
10分ほどのあいだ丸見えになってました。
夏休み期間中は、近所の市営プールに遊びに行ってました。
たまたまその日は、都合が合わず、1人で行くことにしました。
巨乳だと気がついて目を輝かせてました。
今年は、ちょっと過激なやつをはいてみたいと思っていたのです。
見た目はちょっと地味な色でしたが露出は大目でした。
こんな近くで服を脱ぐので乳首が見えそうです。
当然、恥丘がもっこりは大きく膨らんでいたのです。
じろじろ見られるとやっぱり恥ずかしいので、無意識に人気の無いところに行ってました。
貧乳でも感じたので、吸ってみたのです。
言い訳できないことを考えると、触ることが出来ません。
プールから上がった直後なので、体にぴったりと張り付いていました。
体のラインがはっきりと分かるので、ちょっと反応してしまいました。
体育座りをしていたのでマンスジが見えたのです。
そこには蛍光灯が点いていたので、真っ暗ではありませんでした。
密かに一度は着てみたい願望がありました。
恥ずかしそうに乳首を泡で隠してました。
見た目が断然かっこいいので着たくなったのです。
ちょっと恥ずかしいですが、慣れれば多分気にならいはずです。
女子高生のビキニの画像を見て感じてしまいました。
前がもっこりしていたので勃起しているのは明らかでした。
そして際どいセクシー系のまで色々揃っていました。
動画を見るたびに高揚しました。
そして、気に入ったのを選べたので満足して帰ったのです。
派手なのはちょっと抵抗があったので、白色に決めました。
割れ目が見えて思わず生唾を飲んだのです。 
もっこりが目立たなくていいかなと思いました。
実際に見てみましたが、思ったよりかなり小さくてはけるか心配になったのです。
とりあえず周りを見回してみてからM字開脚してくつろいでます。
小さめの方が見た目かっこいいからと慰めてくれました。
早速試着してみましたが、明らかにサイズが小さいと思いました。
苦笑いしながらその場で、局部アップしたのです。
はみ出そうな部分の陰毛を事前に剃っておいたのです。
岩場のとこで寝そべってくつろいでいたのです。
木の陰に隠れて水着に着替えました。
人出の多い砂浜から離れた場所がお気に入りでした。
そんな場所じゃないと恥ずかしく着る気になんてなれません。
触った感じからFカップみたいです。
絹のようにきめ細かい肌が出ていたのです。
いつもの岩場の影で着替えてました。
背を向ける体勢で、脱いでいたのでこちらからは肝心なところが見えません。
女子高生がビキニで浜辺を歩いていたのです。
膝下のあたりまで下ろした時に誰かが近づいてきたのです。
いきなりちょっと冷やかすように言ってきたのです。
下着姿になった時、Eカップだと知りました。
ちょっと突き出す姿勢にドキッとしてしまいました。
後ろに振り向くと、真新しいのを着て、こっちを見てました。
ビキニを着て開放的な気分になりました。
早く脱ぐように催促するように言われてしまったのです。
前屈みから直立の姿勢になると、前に立っていたのです。
写真を真剣に見つめていたのです。
にやにやしながら見ていたので思わず両手で隠してしまいました。
大きい膨らみの先端にくっきり浮き出てました。
土下座しながら美尻を拝んだのです。
撮ったものを絶対に人に見せたくなかったのです。
最初から無理してでも見る必要があったのです。
約束したことは必ず守るので、信用して撮らせることにしました。
Gカップを見せてから堂々と迫ってくるようになったのです。
もっとセクシーなポーズ取れるよに言ってきました。
普通に立ちポーズで撮ってもらいました。
おまんこ食い込みが恥ずかしかったのです。
撮ってもらったのを見せてもらいました。
綺麗な脚をしていたので目線がどうしてもいってしまうのです。
スマホを出して撮ろうとすると、しゃがんで体を隠してしまうのです。
覗かれることを期待しながらTバックをはいてました。
注文もしていないのに自分から細い所を少し下にずらしてくれました。
後ろ向きになった時に半ケツの状態になっていることに気づいたのです。
18歳は良い体をしていたので声をかけてしまったのです。
まだ来てから時間がそれほどたっていないので日焼け跡はついてません。
何回か一緒に沖まで泳いでは砂浜まで戻ってを繰り返しました。
細心の注意を払いながら、しゃがんだのにワレメがはっきり見えたのです。
岩場でビニールシートを敷いてその上でうつ伏せになったのです。
仰向けになったりして、満遍なく日焼けさせようとしました。
数日たってから巨乳を触りたくなったのです。
その時に柱の影になって見えなくなっていたのです。
海から上がる時に形や大きさがはっきりと分かるくらい、くっきりと浮き出ていました。
もっこりがくっきりしていたので、とっさに触れてしまったのです。
ちょっとした油断からハミ毛してしまいました。
足下のほうから自分の姿を撮ってました。
こういう姿をしてるのが好きだったので、ずっと眺めていたかったのです。
どちらのビキニが似合うか迷ってました。
すぐ右隣に仰向けに横たわってきました。
見られていることに気付いて恥ずかしさから走り去ってしまいました。
お互いの腕が触れ合うくらいに近くに寄っていました。
Tバックが食い込み過ぎて、まわりが真っ赤にはれてました。
中がどうなってるのか興味があったので、脱いでくれないか頼みました。
乗せた手をゆっくりと撫で始めました。
付き合うきっかけが欲しくてマンスジを見せつけていました。
すぐに中を覗くのだろうと思っていたので、ちょっと意表を突かれる感じでした。
今まで感じたことの無い感触で、とても気持ち良かったのです。
水着にエプロン姿だったので、どぎまぎしてしまいました。
太ももの付け根との間に大きな隙間ができて、今にも見えそうです。
どうにか中に収まっていたような状態でした。
スカートの裾が乱れた瞬間にワレメの部分を見つめたのです。
珍しく照れ臭そうな笑みを浮かべてました。
また照れ臭そうな表情をして起き上がって、脱ぎ始めたのです。
女子高生のビキニの画像を見たら充実感が味わえました。
両サイドに手を掛けて、ゆっくり脱がし始めました。
体を大きくくねらせたりもしてしまいました。
あまりにも無理な姿勢をしたため、おっぱいポロリしそうです。
体勢を前傾にして擦りつけてきました。
その為には、自分から足を開かせる必要があったのです。
顔を合わせたまましばらく沈黙していました。
ほんの数回ですが盗撮する機会がありました。
また、二人の間に沈黙の時間が流れました。
今までの関係にひびが入ってしまうと思いました。
大きく腕を上げたら胸チラしてしまったのです。
ここぞとばかりに腰をいやらしく動かしていました。
こんなにセクシーな踊りを見たことはありません。
ほんの少し見えたTバックがまぶしかったのです。
興奮してきて、思わず無理な要求をしてしまいました。
口からは、少し青臭い匂いがしてました。
セックスが終わってから、しばらくその余韻に浸ってました。
他愛もない悪戯に困っている今日この頃です。
相変わらず、色々な格好をさせて楽しんでいます。
ここまで来れば望みのものに辿り着くことができます。
女子高生はビキニになることに少し勇気がいりました。
滅多にひとが来ることはありませんでした。
普通のと違い明らかに生地が小さく薄いので困惑しました。
部屋に忍び込んでIカップを触ろうと考えました。
これでは透けてしまうかもしれません。
しかもサイズが随分小さくて、ただ布が置いてあるという感じです。
胸ポチを触りたくて、わざと腕が当てたのです。
とりあえずつけてみると、見た目以上に肌が露出してました。
胸は半分位しか隠れません。
服はまだ濡れていたので、裸をタオルで隠してました。
Vゾーンも、とても布が少なくて、もうただの紐という感じでした。
体型には自信があったので、どんなものでも着こなせるはずです。
うつ伏せになるたび、おっぱいがハミ出しそうです。
見られていると思うと余計に興奮するのです。
時間短縮ため途中で着替えることにしたのです。
女子高生はビキニで足を開いて座ってました。
しかも見せつけるような感じで歩いているのです。
年齢よりも、ずいぶんと大人っぽく見えていました。
肩紐の無いブラジャーを着ていたのです。
あまりにも肌が出ていたので観察していたのだと思います。
恥ずかしかったのですが、ここまで来たら仕方ありません。
まだ幼いのにHカップだったことに驚きました。
足に手が当たるとすぐさま組むのをやめたのです。
持ってきたはずなのに忘れてきたみたいです。
サイズもちょうど良く似合っていて、とても魅力的でした。
女子高生がビキニを着ていたので気になったのです。
そんな最中も、通り過ぎる人たちの視線を感じていました。
手を取りプールの方へ走り出したんです。
Tシャツが体にはりつくたび胸ポチが気になったのです。
いやらしい体に思わず見とれてしまったのです。
よく見ると、濡れた部分が薄ら透けていたのです。
ビキニが取れそうになって慌ててました。
ここに座っていると、見えてしまうので、とりあえずプールに入ることにしました。
浮き輪を渡して来たので借りることにしました。
下を向いた時に胸チラしないか期待しました。
まるで挑発しているようなのを着ているのが悪いのです。
人目を利用して甚振ろうとしていたに違いありません。
どうにか説得することができて、逆さ撮りすることになったのです。
恥ずかしさと、声を堪えるのに必死でした。
辺りからはじゃれあっているとしか見えないはずです。
ちょうど良い大きさに気を良くしてDカップを揉んでました。
いいのも見せて貰ったという感じで微笑んでました。
そのまま奥のほうへ向かったのです。
足を開いて座っていたので、タテスジがわかりました。
ジャグジーに入ったら水の勢いで脱げそうになったのです。
両足を上げ体育座りになったのです。

女子高生のビキニの画像を見て快感が蘇ってきました。

波が来てブラが外れてしまい顔から火が出そうでした。
指を当てればきっと糸を引いてしまいます。
流出したものが見れる機会は滅多にありません。
しっかりと結ばれていた結び目を外したのです。
前にいる人は、まだ気づいていないようでした。
ヒモパンをはくことにためらいを感じてしまいました。
今まで覆っていた部分が下がり落ちて露出したことがわかりました。
前からは見えていないと思います。
これで心置きなく無料で見れそうです。
咄嗟に手を胸に当て、間一髪見られずに済みました。
しかし、これで手を放す事が出来なくなって動けなくなったのです。
白い色のビキニを着ていたので、より白い肌が映えて見えました。
そんな焦りとは裏腹に、何が起こったかわからないままこちらを見つめています。
色んなことが頭を過り、顔は真っ赤になっていました。
サイズが小さいせいかオメコ食い込みしてました。
いち早くその場から立ち去りたかったのです。
急いで紐を結び、難なくその場を離れることができました。
ビキニになったことで胸の大きさがわかったのです。
何が起こったのかも知らず笑顔で出迎えてくれました。
相変わらず、他の男に見られていることを想像して満足げな顔をしてました。
暇だったのでDVDを見ることに夢中になりました。
今まで弄ばれていたことなど知る筈も無かったのです。
何回か体に触れてきましたが、人が近くにいたのでそれ以上のことはしてきませんでした。
そんなに股を開いたら肛門が見えてしまいそうです。
淫らな姿を目撃されていたのではと心配になりました。
色んなことを想像して、奇妙な興奮を覚えていました。
これまで隠しましたがロリ好きだったのです。
騒ぎには加わらず、ひたすらに世話役に徹していたのです。
密かに憧れていたのですが、声をかけるきっかけが無かったのです。
ビキニの姿を見て目のやり場に困りました。
覗き込もうとしていたことについて突っ込む気にもなれなかったのです。
そして、スレンダーな体に合わない、見事なプロポーションをしてました。
胸が微妙に揺れたのを見逃さず、その瞬間を目に焼き付けたのです。
本当に無料なのか注意深く様子をみました。
なるべく意識しないようにごく普通に話をしました。
言葉の端々から意識している様子が感じられたのです。
言われたとおりニーハイで開脚してました。
本当に優しくしてくれるので、少し期待していました。
後ろから見ると、背中が美しいことに気づかされました。
ここにあるものは全て、自撮りしたものです。
そして、背中をまたぐ細い紐に思わず手がのびそうになりました。
ここからなら飛び込んでも大丈夫そうでした。
泳いでいるうちにチューブトップブラがずれたのです。
ここまで単調な話を続けてきたことを悔やんでいたのです。
実際にその岩場に行くと、思っていたより高さがあったのです。
言われるまでもなく自然とY字開脚していたのです。
同じように感じたらしく、少し躊躇しているように見えました。
少し溺れそうになりましたが、必死で手足をばたつかせて体を浮かせました。
女子高生のビキニの画像を見て喜びが込み上げてきました。
はるかかなたに見える岸に向かい泳ぎだしたのです。
波が緩やかだったので、思っていたより沖まで来てしまっていたのです。
背景が気に入ったので自画撮りすることにしました。
岸に上がろうと両手をついた瞬間に胸がだらりと垂れていました。
恥ずかしさにあまり思わず、水の中に飛び込んだのです。
激しく動き回るので、下着がずれてアナルのしわが見えました。
どこに行ったかわからず声をかけて、あたりを見回しました。
さっき、飛び込んだ瞬間に外れたに違いなかったのです。
食い込みが激しかったせいで大陰唇が見えてました。
あの時の波で流れていってしまったのでしょう。
海に身を投じて、それを追ったのです。
ビキニを着て誘惑するつもりなのでしょう。
しばらく眺めてから諦めたのか、こちらに戻ってきました。
水は冷たくて、長い間は入っていられません。
実のところ、こんな会話にもならない話だったのです。
ずいぶんと若いころから豊満な体に憧れました。
なるべく見ないように顔を背けるながら手を差し伸べました。
水の中で揺れる乳房が見えたのです。
そうあって欲しかったと期待していたというほうが正しいかもしれません。
マンコ食い込みが気になって、落ち着いて話すことができません。
胸を片手で隠しながら水面から手を伸ばしました。
足場の確保に苦戦していたので自然と見えてしまいました。
対角線上の席に座ってスジマンを眺めていたのです。
胸の大半が露わになっていることがわかったのです。
その顔はとても美しく、可愛らしく感じられたのです。
その場で立ち泳ぎをしながら、上を見上げていました。
とにかく周りを気にしながら隠し撮りしていました。
透明な水の中で、乳房がゆらゆら揺れているのが見えました。
突然の悲鳴に思わず目を開けてしまったのです。
女子高生のビキニの画像を見て快感で疼いてしまいました。