中学生SMです。

私は中学生のSM動画を見ていると、ぞくぞくするのです。

たまには中学生にSMをする事ができて、それで気分が良くなります。
私は彼のものを舌で転がしたのです。そうしながら、握っている手を上下に動かしました。
少し滲んできたら、私はSMをするために身体をずらして縛り上げるのです。
キスしながらの電マは彼のお気に入りらしいので、ほんの短くだけど、欲しがるからたまにしてあげるのです。
あんまり長くしてあげたら、本当にしているみたいですからね。
あくまでこれは真似事で本当にSMをしてあげることなんかでは決してないのです。
そうして何時間にもわたって、一通りのことをされた後は、流石に疲れた男たちに代わって、裏にいた人が連れてこられました。
そして翌日から、やる気を出すために中学生のSM動画を見ることにしました。
そして今度は疲れた男たちの変わりに私を犯しました。
大きい人ばかりで、初めての私にも襲い掛かり、前足で私の腰を挟み込んで逃げられなくするとその大きく怒張したものを勢いよく根元まで突き入れました。
何度も何度も大量に注ぎ込み、男たちがそれぞれに眠ったりしてその精力を復活させるまでのほとんど丸1日、私にローソク責めを続けました。
レイプするのは、せいぜい30秒くらいで終わりました。
13歳は、また彼の胸に戻り、舌で刺激するのです。
これ以上やったら出してしまうかも、と思ったところで手を離し、次にSMをするのです。
私は、たっぷりと彼の体に塗りたくっていったのです。
さらに自分の体にも塗りまくってから、仰向けになっている彼の上で俯せになって抱き付きました。
フェラをしながら抱き合うのは気持ちのいいものです。
相手の温もりが直接 伝わってきて、単純な快感と充足感を得られ幸せな感じがするのです。
もちろん、私は兄のことを好きでも何でもないのだけれど、しかしそれでも胸が温かくなりました。
好きな人を相手と抱き合いSMプレイをしたら、一体どうなってしまうのでしょう。
想像するに、きっと、経験したことはないけれども、気持ちの言い状態になれるに違いないと思いました。
もっと快感を得るために舌の使い方を上手くなってもらうようにしましょう。
この舌の使い方一つできるか決まります。
しかし、あまり強く緊縛されると痛めてしまい、かえって、やる気が失せてしまうこともあります。
SMはお互いがもっと親密になったときに初めてOKしてもらえるのです。
14歳でなければ、そんな過激なことなんかできせん。
もっと深い関係になれればすることも、当たり前のようになるのです。
きっと近親相姦をさせてくれと頼んだらきっとしてくれるでしょう。
私は、気が向いた時は中学生のSM動画で思いっきりオナニーをしています。
目隠しされ、軽く舐めることから始めて舌を絡めてきます。
男のモノを受け入れるものの、この場におよんでそれは断る人はいないでしょう。
いつもは男がするとはいえ、ただ寝ていればいいというものではありません。
そして後ろから抱きついて、腰をしっかり手で押さえながらします。
相手は何も考えずに露出してくれているのです。
男たちが離れても私の2穴には突っ込まれたままで、私自身は気絶気以外に眠る事を許されませんでした。
男たちが復活するとまた激しい責められ、今度は他の人たちも交え、いろんなものを余すところなく使い、最後は興奮するまで舐め続けられ、私は2日間、快楽に悶え狂って、あえぎ乱れながら息も絶え絶えになりました。
もはや何度イッたかや何回気絶したか、また痙攣して潮吹きしたかなど誰もわからないほどに皆が皆狂い乱れて3日目を迎えました。
最後は皆、体をきれいに洗い、それぞれ裏ビデオを見る人や、もう一回するものも居ましたが、私は急いで服をきて別れました。
私は家に帰ってからは倒れこむようにその翌日から疲れが出たということで寝てばかりいました。
まあ、中学生にSMをしたのは、虐めたかったのと、私たちには性欲があったのです。
このゆるい関係はいいもので、とても興奮したのとは違うのだけれど、また性的な快感ともまた異なっているのです。
どちらかといえば気持ち良いっていうより、心地良いって感じでした。
ウンコを出すのは、本来なら大したことはない感覚かもしれないですが、それを味わうとなると話が変わるのです。
いつまでも無修正のDVDを見続けていたいと思えてくるのです。
私は、彼の上に乗ったまま、体を前後に動かしてから、SMをしました。
それから一旦 体を起こし、彼の顔の上に立ってから、そのまま腰を下ろしたのです。
彼の唇にクリトリスが当たるよう調整してから、あそこを握ってあげました。
15歳の肩に手をかけて密着しながら、若干硬い腹筋に私の軟らかな下腹部を押しつけたのです。
それから勃起したものがちょくちょく私の巨乳に当たったのです。
たぶんそのたびに漏れた液が付いているに決まってます。
でも、中学生にSMをしている間は、そんなことを気にすることはかったのです。
その後も、彼ら以外にも仲間からの誘いがあり、彼らの家で数人を相手に輪姦されています。
何人もの男たちを相手にし、見知らぬ人と関係を持つようになってから、私は妖艶さが出て来て、やりたいと思う女の色気が出てきたと、他の人たちから言われるようになりました。
自分では分かりませんが、SMをされることが増えた事を考えるとそうなのかもしれません。
なにより、他の人とはしたいと思えるのに、私としたいとは思えなくなったといって私を裏切り続けていた彼が私を誘ってくるようになりました。
だから彼と寝るのはまだ無理だと思いました。
ただスカトロをしたいからという言い分は通りません。
私が偶然目が覚めて彼が中学生のSM動画を見ていることに気づきました。
それに他の数人の男たちと抱き合っているのに帰ってから下手糞な相手となんか出来ません。
中々会う時間がなかったのですが行かなくてもいいと思うようになってきたのです。
いきなり乳首を洗濯バサミで刺激したいとか勝手な事をいって私を求めきてきますが、私には指一本触れさせません。
今までどんなに私が悩み苦しんでいたことを訴えても知らぬ顔をして、どうにか努力し続けている私をあざ笑うかのようにオナニーばかりして、私の気持ちを粉々にしたのです。
自分勝手な独りよがりのセックッスでも、それをして欲しかった私に背を向けて他の人のところに行ってしまった時の絶望をそっくり味あわせたかったのです。
人の前で、おしっこをし続けた後で、もっと大きな快感を味あわせててあげようと思いました。
私は何人もの男たちと楽しみ犯されまくっている無修正のDVDをいくつか持っています。
その時がきたらそれを流出させてやろうと考えています。
もちろんそれまでも一切、私に触れさせないように我慢を続けさせるつもりです。
また、本当に中学生にSMしてみましたが、思っていたほど感激することはありませんでした 。
もっと調教したければ、細かいことは気にしないことが大切なのです。
そういう時は、今までしたことが無いことをしてみると良いみたいです。
まんこを舐めるのは本当に奥深いし気持ちいいということがわかります。
前にしたSMを振り返ってみて感じなかったのは何が足りないのか考えてみました。
それで何かわかったら相手にその良さを知ってもらえばいいのです。
それで最後までいけるよう頑張るべきなのです。
きっと乱交すれば最高に気持ち良くなることは間違いありません。
これは無料の画像を見るだけではなく、相手を実際に責めることもしなくてはいけないということです。
しかし、いつかはできるようになるだろうと、何もしないで待っているというのは間違っています。
私は今でも、おっぱいを吸いたいと思っています。
とりあえず時間をかけてムチで打ち続けれれば、相手が満足するなんて勘違いしていたことに気がついて苦しい思をしました。
そのため中学生のSM動画を楽しむ余裕が無くなってしまったのは仕方がありません。
アナルをしごき上げならあたしは腰を揺すったのです。
それから彼の舌に私の敏感なところを押し付けました。
彼は舐め上げてくれるのですが、私は構わずに体を動かし続けていたのです。
最初の時は上手くタイミングが合わないのだけれど、そこは慣れたもので、すぐにお互いの動きに合わせられるようになったのです。
お互いに体を押し付け合うみたいなことをしばらく続けたのです。
まだ知り合ったばかりなので中学生にSMすることを強要しても泣かれてしまうかもしれません。
自分が求めているのに拒否られ続け、その挙句に相手は他の人とやりまくっていたのです。
援助交際までやりつくし、そのことを他の人には信じてもらえず、自分のその過去のために捨てられると思いました。
彼にも去られ、今まで尽くしてきた事が虚しくなって、そのお返しではないですけど相手から何もかも奪ってやります。
周りの男に裏切られて、それを取り返すためにもがんばったけど、やはり許すことは無理でした。
そればかりか中学生のSM動画さえ見れずいる事を知って欲しかったのです。
他の男とやりまくってたからだといわれのないことでなじられ、疲れ果てたので、もうどうでもよくなってしまいました。
なにより、自分としているところを個人撮影して欲しかったのです。
何年でも待つし、それまでも今までのように、またみんなで楽しむ事もできるとおもうのです。
激しい浣腸を充分に堪能したあたしは、彼の顔から上体を少しだけ前に動かしたのです。
そして、目の前に来たものにしゃぶり付きました。
その官能に溺れた直後なだけあって、口の中で味あうそれは一段とおいしく感じたのです。
もちろん本当にいい味がするわけではないのだけれど、何て言うか、口に含んでいることそれ自体でイってしまいそうになるのです。
私は気分がのっているうちにすぐにSMプレイをしたのです。
いい気持ちになっている今は、縛って無理やりやられる前に舌を這わせたりとかそんなまどろっこしいことをしている余裕なんてなかったのでした。
髪を振り乱しながら、貪るようにして唇でしごいていました。
でも、彼は顔射を望んでいるだろうけど、最後まではやらないつもりでした。
SMの気持ち良さをしばらく味わってから、あっさりと体を離したのでした。
次に、彼は私の肛門に舌を滑らせてきたのです。
しかし、sexを求めることは、決していけないことではないのです。
私が16歳と関係を持ちたくなるのは、たまに若い肌が欲しくなるからです。
まわりに自分が変態だと思われても今さら、それを隠してもしかたありません。
もっと、撫でることができたら、もっと性欲がわき上がってしまうでしょう。
私がフェラチオをしてもらうことをせがみすぎて女子に嫌われてしまいそうになりましたが、そもそも私のしたいことはそういうことではないのです。
私は、いつも中学生にSMしているので今更なのですが、彼らにしてみるとまだしたことがなくて羨ましいみたいです。
妹は幼いから、必ずしなければいけないことだ思っているだけなのです。
でも、こればっかりは実際にやってもらわないと気持ちよさはわからないと思うのです。
ザーメン中出しするのは難しすぎて私がそれをすることは無理でしょう。
言えるのは、私にとっても妹にとっても、初めてという事です。
相手のことをまだよく知らなかったので、余計なことをするのはためらわれますが、SMだけはしたかったのです。
もし、それを望んだのたなら、最後までやり通さなければ意味がありません。
今まで中学生のSM動画を見ながらシコることしかできなかった頃にくらべたら、自分も相当やるようになったなと、ほくそえんでしまうのです。