2017年7月20日21:51 投稿

少女にフェラチオしてもらったら、気持ちよくてすぐに射精してしまいました。

何度もしてもらった後も、まだいけるみたいなところがありました。
どちらかというと髪が長いことが気になるほうです。
これはもう、私が何をするつもりなのかは、もう言うまでもないことだということです。
私は少女のフェラチオ動画を見ていると気持ちが高まります。
もちろん抵抗はあるけど、それで快感が得られるのだったら構わないのです。
相手の期待は大きなものであるに違いなかったのです。
そういう時はすぐに刺激を始めます。
でも幼い頃から無数にフェラチオをすることを受けてきたのです。
それは私にしてみれば普通のことだったのです。
その日も朝起きてからベットの上で愛し合っています。
こんなことをしていたら彼氏とかにもバレるんだろうなあと思いながら、立ったままの状態でバックから入れました。
今までイかせてくれるような人と付き合ってなかったので、まったく驚きのできごとでした。
少女のフェラチオ動画を見てから、彼はわざとらしい調子でこれから先がいいところなのだ言いました。
無料の画像を見たら精液零れるとこまで撮れていたのです。
私たちは代わる代わるに見ながら、好色な笑みを唇に浮かべました。
個人撮影されて私の目の前は真っ暗になっていました。
これを流出させると耳元でぼそりと囁かれて、私ははっと正気を取り戻したのです。
本気で少女のフェラチオ動画を見たくなってしまったのです。
モロ出しにすれば少しはその気になってもらえればいいかと思ったのです。
それが嫌ならちゃんとおとなしくしてろと言われた少女はフェラチオをすることを受け入れたのです。
声を合図に、私の体はふっと後ろから抱え上げられ、床に寝かされてレイプされたのです。
そのままあぐらの上に座らされ、ぎゅっと羽交い締めにされて中出しされてしまいました。

私は少女にフェラチオしてもらって夢心地になってしまいました。

それなのに、イくこともできず、それどころか、なかなか上手く入れることができなかったのです。
いつまでも、おっぱいを吸ってばかりいました。
だからといって無修正のDVDを取り出して一緒に見るなんて、とても耐えられることじゃなかったのです。
私は、ただクリトリスを舐められているのは絶対に嫌だったのです。
乳首を噛まれるのは耐え難いことで、そんなことされるくらいなら、他の誰かに抱かれたほうがまだいいと思いました。
少女はフェラチオする時にいつも、こちらが気持ちよくなるところを念入りに舐めてくれるのでした。
部屋には誰もいなくて叫んでも誰にも聞かれないみたいでした。
この前みたいに、こうなったら無駄な抵抗やめて、一緒に気持ちよいことをしようと思いました。
私は熱い唇を股間に押し当てながら低い声で「このくらいの強さでいい」と呟きました。
それから私のパンツをめくりあげ、足首をぎゅっと掴んで無理矢理に脚を開かせました。
相手は細身だとは言え、男の力に抵抗できる筈もなく簡単に下着を剥ぎ取られてしまいました。
今日はフェラチオすることを覚悟しなければいけないと思いました。
終わった後にクタクタなのにひたすら無修正のDVDを見続けたのです。
まんこを舐められて私はびくっとしてのけぞってしまいました。
たっぷり可愛がってもらって私はびっくりするほど感じてしまいました。
指が太股やふくらはぎをさわさわと這い回り、大きな手で包み込まれるように揉まれました。
私はフェラチオするように言われると、とても苦しい気持ちになるのです。
私は無修正のDVDを見ている最中は、ほとんど喋ることはありません。
私は声を出しながら首を振りましたが、それで男たちが止まるはずもなかったのです。
また感じるやり方をTwitterにUPしているという話を聞いたことがあります。
少女にフェラチオさせたのですが、もしかしたら、それで嫌われたかもと不安を抱いています。
それから片手でボタンを外され、服の上から再びゆっくりと触れられました。
ちょうどいい柔らかさで揉み心地はとても良かったのです。
モザ無しを見て、もしかしたら、これが自分が求めていたものだとわかったのです。
そいして、いかにも柔らかさを楽しむように、時に優しく時に激しく愛撫を続けました。
また、前戯でかるくイカせておいてあげれば、フェラチオすることに集中してもらえるかもしれません。
柔らかくて熱い感触を感じたので、そこを見たら、巨乳を舐めているのです。
くすぐったいようなゾクッとするような初めての感覚に、私の体は震えてしまいました。
イきそうなのを我慢して、どうにか口内発射してくれたのです。
最初は丸見えにしてくれというその誘いを拒絶したのです。
その時はフェラチオされるよりはましだとと思っていました。
部屋に来るように言われれば、いくらなんでも、何かされるかもしれないと気付くものです。
私も、あの時のセックスのことが、なかなか忘れられない気持ちはよくわかるのです。
そんなことになったら私は、これから先、上手くやっていくことは無理なことはわかっていました。
会うたびに求められていたので今夜は援助交際をするつもりだったのです。
私はフェラチオをしながら甘えるように相手の名を呼んだのです。
何の取り柄も無いけど唯一顔が可愛いということで関係をつないでいたのです。
私はパイズリをしようとしたのだけれど前の人ものと大きさ比べられて白けてしまいました。
これから先にこれ以上の相手と知り合うことは無いのだから別れることを恐れるのも当然ということです。
裏ビデオを見るのは初めてですし、前からそれを望んでいたので嬉しかったのです。
私より若い子に手を出したことがあることを前から知っていました。
その人は彼とやっちゃったおかげでイけるようになれたのだとかという話を聞いたことがあります。
この無修正のDVDを一緒に見たら、きっと興奮するだろうと思いました。
最近、そのことが忘れられなくて未練が残ってます。
私も、あの時にしてもらったフェラチオが本当に気持ち良かったかはわからなかったのです。
それでも相手は一生懸命してくれて、ありがたいと思いました。
今は気を使ってゆっくりするようにしています。
私が興味を持ったように他の人も無料の画像を見たくなるみたいです。
いつになく体を求められてベッドにもつれるように倒れこみました。
私はこれくらいやってもいいと考えられるくらいの力で愛撫しました。
相手にその気があるか確かめます。
彼は私に聞くこともなく当たり前のように中出しをして、そんなことはしてないような顔をしてました。
相手は私がLINEに投稿されると敏感に反応することを知っているのです。
恥ずかしくて言葉にはできないのですが、私は少女のフェラチオ動画を見て、すっかり舞い上がってしまいました。
まだ未成熟な体を気遣って、とても滑らかに舌づかいで舐めまわすのです。
舌先で、おっぱいのもっとも敏感なところを舐めまわしました。
それは無理だとわかっていても、熱心に自分のものを喉の奥まで押し込むことに熱中していたのです。
このようなことをするのは特別なことではないということをわかっていたはずです。
私は、お尻を舐められ十分に濡れてしまい後は挿入されるのを待つだけになりました。
それから股まで丹念に舐め回してくるのです。
私はフェラチオをしながら、自分のあそこも熱くなっていくのを感じました。
しかし、そんなことにはかまわず、それを繰り返しました。
こんなとこが感じるなんて知らなかっただうとばかりに意地悪そうにこちらを見ていました。
初めてアナルに挿入されて激しい絶頂を感じて相手の体にしがみついたのです。
手のひらでゆっくりと撫で回してくるのと同時に舌で音をたてながら敏感なところを舐められて、私は息を震わせたのです。
私はセックスされ続けて、たまらなくなって啼き声を上げてしまいました。

少女にフェラチオしてもらったら、気持ち良過ぎて相手をむちゃくちゃにしたくなりました。

舌が奥深く入ってきた時に得体の知れない感覚が湧き上がってきたのです。
それが快感だということを認めたくなくても体ははっきりと反応していました。
そうなると私は、抵抗することなく刺激を受け入れる体勢になりつつありました。
今は素直な気持ちになって見ればいいのです。
色々なところを順番に口に含んで舐めまわした挙げ句に下半身のあたりに徐々に愛撫を移していってきました。
ザーメンを全部、飲ませるために頭を手で押さえるなど、あれこれ奮闘しました。
そのうち、その舌で股の間を這いずり回るように舐めるのだろうなと卑猥な想像が私の頭をよぎったのです。
相手は揉みながら、服の上から指で軽く乳首を挟んできたのです。
それだけは許してと言ってもかまわず少女のフェラチオ動画を見せて同じことをするように要求したのです。
そうして優しく刺激しながら、うなじへとゆっくりと手を回してきました。
そんなに難しく考えることは無いよと言いながら援交させるのは大変なことでした。
とてもいい香りがすると低く甘い声で囁やきながら全裸になった体に触れてくるのです。
その指の動きに合わせて、私の体はぴくっと反応してしまうので、気持ちがいいことを隠すことは出来ませんでした。
相手は最も感じる、おまんこを触られて思わず声をもらしていました。
何回かフェラチオをしてもらっているうちにようやく精液を全部飲んでくれるようになったのです。
私は抱えられながら体のあちらこちらを甘噛みされ、生ハメされるのを待っていました。
もうだいぶ濡れてきて、いつでも絶頂感が襲ってきてもおかしくなかったのです。
むちゃくちゃなことを言いながら、今夜、初めてアナルに挿入して責め続けたのです。
「もう、ゆるして」と言ってもかまわずセックスを続けたので、たまらなくなって啼き声を上げたのでした。
私は、恥ずかしいところが丸見えるように姿勢にさせられたうえ男のものをくわえさせられました。
相手はどこを触ったら気持ちよくなるのかわからず闇雲に強く揉んできます。
それから、ようやくイくことができて潮吹きしてしまい、それでシーツはべちょべちょに濡れてしまいました。
少女にフェラチオしてもらうのを想像して感じているのは明らかだったのです。
相手は、そんな責めかたでは感じることはできないと言うのです。
自分の秘密の部分を自撮りして、そこがどうなっているのか知ろうとしました。
そして、一晩中、指で愛撫されているうちに性欲に目覚めてしまったのです。
痛いくらいに抱きしめられて、こんなに絶頂を感じたことはないかもしれません。
顔射されたのは初めてだったから悦びを感じてしまったのです。
フェラチオされたら、すぐに興奮して出してしまうのですけど、また次にしてもらおうとは思えないのです。
やり方がどんどん上手くなって今まで痛かったことなんて忘れちゃうくらい気持ち良かったのです。
それから、始めてクンニされたのですごく感激して興奮してしまいました。
いつの間にか巨乳を吸われて体を許してもいいかなという雰囲気になってきたのです。
最初は遠慮がちだったのにだんだん我慢できなくなってフェラチオしてくれるように頼んでしまいました。
付き合い始めて、半年がたち、ようやくお互い慣れてきてハメ撮りできるよう関係になりました。
私は、どうにかお願いしてモロ出しにしてもらった。
そこまで触ることに夢中になっていたので妊娠することなど気にしてる余裕はありませんでした。
その時に性欲を感じたとしても、簡単に3Pをすることを許すわけにはいきません。
少女のフェラチオ動画が見える状態になったのです。
もっと激しくパイズリして欲しいと思っても、今はこの辺で我慢しておいたほうがいいみたいです。
自分が勝手にそれをすることを嫌がっていると思ってました。
相手は逆に十分に時間をかけて、巨乳を吸って欲しかったみたいだったのです。
また、見ると高揚感を味わえるみたいです。
しかし相手は気付かない振りをして、早く来て下さいとしか言わないのです。
今まで誰彼構わず抱いてきたのなら、そのような態度をとるのも当然なのかもしれません。
行けば無理やり押さえつけられて思う存分に楽しまれてしまうことは間違いないのです。
私は久しぶりに少女のフェラチオ動画を見て果てることが嬉しかったのです。