AV女優のパイズリです。

私はAV女優のパイズリの動画を見て感激しました。

私だって、そういう時は、おっぱいをを見ながら自慰をしてます。
それで最後までイってしまうがため、それをすることに迷いが出てしまうのでしょう。
私は調教させることに夢中になっているのです。
そう思えば責めするだけでもイけてしまうのです。
それだけはしたくないと言われるのは仕方ないけどせめて、関係を持つことだけはさせて欲しいのです。
今、AV女優のパイズリ動画を見ることが出来なければこれから先も、まったく見込みがないことになってしまうからです。
まずは時間は短いですが裏ビデオが見られるようになったのは良かったです。
しかし、初めて見たのはモザ無しではありませんでした。
今付き合っている上原亜衣はすごく奥手で、手を握るのでさえ恥ずかしがるくらいだったんです。
少しきつめに緊縛しないと、なかなか快感を得られないことがあります。
それは、パイズリするのに気持ちが入ってないと快感が得られないのと同じことだと思います。
もし、その気になれば無修正のDVDを見る機会はいくらでもあります。
もし気後れして、あまりにじれったいからといって踏みつけると相手は吹っ飛んでしまします。
手馴れている事を感じさせない程度に力加減を変えて、フェラをしました。
相手はローターを握り、ぎこちない手で一生懸命に自分のあそこに押し付けています。
今、避妊具を持ってないけど、絶対に中出ししないようにするからねと紗倉まなを安心させました。
そして、AV女優のパイズリの動画の過激さは進んでいたみたいだけど、今はもっとエスカレートしていたのです。
生の男根を桃尻に押し当て、ゆっくりとめり込ませたのです。
それから押し戻されそうな力に対抗すると、「痛い」と呟いたけど瞬間に根元まで一気に入れたのです。
本当にセックスするなんて、こんなこと想像もしないし、本当にやるわけないじゃないです。
私は、自分で言うのも何ですが、かなり我慢強いほうです。
よっぽどじゃない限り、性欲に負けて抱いてしまうようなことをしない自信があります。
でも、最初はっきり言ってどうするのか、どこをどうしたら気もちいいのかも全く分かりませんでした。
それでも、AV女優がパイズリしているところを見て、もどかしくて早くイかせてやればいいのにと思いました。
また、流出したものを見せてもらえば、まだこれからもっとやれると思えてくるのです。
私は手で刺激するようなことをして体を感じやすくしてあげるのでした。
抱きしめられたり、体を触られることを許す気がないのです。
私は無修正のDVDを何度もを見たいと頼みましたが、もちろん断わられました。
つまり乳首を吸うだけでは終わらないと思っているわけです。
みなせ優夏を抱きしめることができたら気持ちいいでしょうね。
もちろんそれは無理かもしれないけどパイズリをしたいと思いました。
そのためには少なくとも成瀬心美を抱きしめるつもりです。
私は、きっぱり諦めることが出来ず「エッチしたいんだ」と言い聞かせました。
そしてを一生懸命しすぎて胸がはれてしまったのです。
それが、思った以上にAV女優がパイズリしているところを見て興奮できました。
先日、知ったのだけど、ここまでとは思っていませんでした。
そして桃谷エリカが本気ですることが信じられないものです。
昔、無料の画像を見て想像していたなんて、誰にもそんなこと言えません。
それでも自然に腰が動き、二回りも年下の相手とセックスすることに興奮して射精感が高まったのです。
激しい動きでパイズリしてあげたら射精してしまいました。
溢れ出る白い液体を、しばらく不思議な顔で見ていました。
初めてクンニして、疲れたので、その日は一つの布団で寝たのです。
いつか戻ってきてと言われ、いきなり抱きつかれたのです。
弱めにしたつもりが背中にツメを立てられたせいか少し出血していて、まだ痛みがあるようだったのです。
ただ流出したのを見たら絶対に気持ちいいだろうなと思いました。
「生ハメしていい?」と聞いてきたのです。
卑屈な態度は変わらないままAV女優はパイズリをしつづけたのです。
それでいいと思ったのは手足を縛られている今、万が一にも調子に乗ってしまっても、それを止める術がないのです。
たとえば日頃の扱いに耐えかねて、性欲を爆発させてしまいました。
もしも、本番をしたくなったとしたら、それを甘んじて受けなければならないからです。
決して逃げることができないのだから、気が済むまで、おっぱいを吸われ続けるしかないのです。
まあ、巨乳を見たら興奮するんだけど、冷静に考えてみると本当に酷いことをしているのです。
腰を上下に動かしてピチャピチャと音をたて思い切り喘がせてスケベを楽しんだのです。
全て終わったら、痛みが無くなってきて奴隷のように扱われるだけでも感じるようになってきたのです。
少し芽生えた、スケベな気持ちに少し戸惑いながらも、覚えたてのパイズリをしてあげてのです。
そして快楽に酔い少しずつ恥じらいを脱ぎ捨ててしまいました。
私は豊満な体を曝け出しながら、1ヶ月近く遠ざかっていたので求めかたが半端じゃなかったのです。
少しずつ調教されていった身体は執拗なまでな責めで洗脳されていったのです。
平日もあったので、久しぶりに連れ出し、若い頃に戻ってピンクの乳首を吸ったのです。
自分から拡げて、クリを私に見せつけたのです。
私のものを乞い、恥じらいも失い破廉恥に喘ぎながら、それが終わる頃にはイくことも覚え完全に言いなりになっていたのです。
軽い気持ちで、AV女優のパイズリの動画を見ましたが、さすがに相手の気持ちを考えると申し訳ない気がいたしました。
しかし、ただ一つ気になったのはアナルを見せることに無理しているのではないかということです。
しかし、フェラチオをしたことの無い人は、本当の快感を知らないと思います。
私は目隠ししたままされるのが、とても気持ちが良くて好きなのですが、それを必要としない人もいるようで、やはり感じ方は人それぞれということです。
相手の反応を見て何を求めてるのか知ろうとするのですが私には、それが中々出来ません。
相手が潮吹きして気持ちいいのだなと始めて気付かされることが多いのです。
それから、パイズリしてもらって出したいと言われたのだけど性欲を満たす為だけだとしたらキツイですね。
乱交をするのは気持ちいいかもしれないけれども、思っているほど簡単なことではなくて人を集めるのが大変なのです。
本当により深い関係になれば目の前でsexしてくれるようになります。
さもないと、性欲を満たすため、またエロなことをするようになってしまうのです。
過去にそれを1度、されたことがあって別れました。
今から思えば、ちゃんとパイズリしてあげなかったことがいけなかったのです。
またすることを要求されないか不安です。
それをするようになってから少し変わってしまいました。
私に対しての態度がひどいので問い詰めたところ、いつも犯したいと思っていたらしいです。
おまんこを見せてと言われた時はなにも言えませんでした。
もう昔みたいな思いはしたくないのです。
昨日は口内発射をしてしまったことを思い出して色々悩んでしまいました。
私がパイズリした経験があったことを知られてしまい、それがすごく悲しかったです。
どうにか探せば、ようやくみつかるものなんです。
私は敏感な場所を把握して、イかせる寸前に微妙にずらす焦らし若い柔肌を弄んで楽しんでいた。
相手も今のうちにこんなのも経験してみたいと言っていたのだった。
私はパイズリをやりすぎると戻れなくなるって言いました。
相手は既に性欲へ突き進んでいて、生半可な説得では食い止められそうになかった。
私は軽く、ハメ撮りするくらいにしておこうと思ったのです。
それか部屋に連れ込み、柔らかな肌を縛り上げて、無抵抗になりまた。
そして舐めるたびに敏感な部分にふれると声をあげた。
すると、パイズリをしてと言って仰向けの格好になりました。
何をしても良かったけど、今日はそういう気分でした。
相手は頷き、手で支えたまま、顔に近付けてきたのです。
ザーメン中出しされると、私は「あっ」と声を漏らしましたた。
拘束されている状態だと全身が敏感になってしまうのです。
何度か舐め上げられただけで、潤いを帯びてくるのです。
舌で愛液を舐めているから、顔中がずぶ濡れになっていました。
私はAV女優のパイズリの動画を見て、甘い快感が下半身を中心に広がったのです。
私は腰をもぞもぞさせました。
無意識のうちにあそこを開閉させてしまうのです。
それはまるでエッチすることを誘っているかのような動きに見えるでしょう。
本当に更なる刺激を欲して本番をしたいと思っていました。
その気になったのか、生挿入をしようとして、私に近づいて来たのです。
「パイズリしてもらってもいいかな?」と厚かましいことを言い出しました。
体が離れて、それをもどかしく思ったので、いつも以上に厳しい言葉を口にしました。
どこか不満そうな声だったような気がしたけれど、きっと私の気のせいだろうと思いました。
相手は巨乳なんだから不満を露わにするはずはないのです。
いくら、処女喪失させたといっても、それだけで態度が大きくなるような人ではないはずです。
私に逆らう気持ちなんてものがあるわけがないのです。
私は裏ビデオへの期待が多く、それが裏切られた時にショックが大きいのです。
私は、「服を脱げよ」と話しましたが「どうせ巨乳を吸いたいだけでしょう」と言われました。
それから、AV女優はパイズリを激しくやり過ぎて失神してしまったのです。
また、顔射をした時は刺激が強すぎて目を覆いたくなりました。
私は巨乳を揉むことが目的なので、いつも長くは続かないです。
相手に対する思いやりが足りないのだと思います。
我慢できないことはあったらいつも、遠慮せずに口に出して言ってしまいます。
私は相手が好みのタイプでない限り、パイズリをすることはありません。
それから、フェラをして出してあげました。
私は最近、相手が初めての経験でないことを知りました。
私は巨乳が好きで、それを見て興奮します。
それで暇があれば想像してオナニーをしています。
ただ性欲が強いだけのように思うのですが、ヒマな時は無料の画像を見ています。
私は、AV女優のパイズリの動画を見たら、抱きたいという欲求にかられます。
射精するわけではないのですが何時間も見て興奮しています。
出さないことで余計にむらむらして、マンコを見続けて何時間も勃起していたのです。
相手を支配していると 感じられる時が、とても気持ち良いのです。
そんな時は自分と関係を持ってくれる人を探すのです。
最初は触るだけでしたが、そのうちしてもらうことを覚えてしまったのです。
私が乳首を吸っていたら、よほど気持ちよかったらしく、イってしまったのです。
肩で息をしていた相手を抱いてやったが、敏感な体は、じらす暇も無く何度も求め続けてくるのです。
自分は、AV女優のパイズリを見るのが好きなことに気付いたのです。
週末は、みっともない体位で男たちのオモチャにされる快感を味わうようになったのです。
次第にエスカレートして、ザーメン中出ししたら、切ない吐息を漏らしました。
私は凌辱されて喘いでいる姿を見ることで、より性欲を感じてしまったのです。
それで相手が私は自分のものになったと確信したのです。
そして、おっぱいを吸うのが好きになったのですが前のように上手くできません。
むしろ、前ほどエッチをすることが頑張れないので、もうあまり会うこともありません。
なので、もう、AV女優のパイズリを見ることを望むことは諦めようと思ったんですが、そういう時に限って性欲が高まるのです。
不思議というか、相手のことが知りたいというか、よくわからないけどそんな感じで気になるんです。
もしかしたら妊娠するかもしれないので、いつまでも愛撫しているだけで、その先には進めませんでした。
上手く言えないんですが、あの美人を見るとしてもらいたくなるのです。
もう一度したら、虜になってしまうでしょう。
自分勝手なと思いましたが、浅倉ミアに会いたくて行きました。
そこから、良かったら、しょうと言ってみたところ、ぜひともと言ってきました。
まだ時間ありますかと聞くと、16歳は「大丈夫」とはっきり言ってくれたのです。
きっと、AV女優のパイズリの動画を見たい気持ちを認めてしまえば本当に楽な気分になるでしょう。