2017年7月23日11:44 投稿

JKがレイプされる動画を見て気持ち良くなっていったのです。

学校の帰り道にストーカーの部屋に連れ込まれ監禁されたのです。
同級生の家に行ったら、無理やり制服を脱がされて犯されました。
睡眠薬を 飲まされたJKは、もうろうとしたなかレイプされたのです。
私は睡眠薬を飲まさら、意識が遠のいていったのです。
そして、横柄な態度でフェラさせようとして、私の頭を押さえました。
そのたびに、熱い息が太股にかかり、あと少しで、オメコに手が掛かりそうです。
それから、お尻を触られて、あとちょっとで、イきそうになりました。
そして、裸になるように言われて、恥ずかしさで背を向けてしまいました。
まだ、巨乳に触れられてもいないのにこんな感じてしまったのです。
どうせこれから嫌がっても、sexさせられるのだから、こちらも楽しむことにました。
私はJKのレイプ動画を見ることで満足するようになりました。
私は個人撮影をして後で楽しもうと思いました。
また、中絶することを決心した、私の気持ちは分かっているはずです。
もう決して、このことを話したくなかったのですが、あの時の体験談をTwitterに投稿しました。
そして、流出してしまったことで、まるで周りの目線が私に集中しているように感じました。
兄妹だというのに、こんな関係になるなんて信じられなかったのです。
こんな形でJKをレイプすることは悪いとは分かってました。
そして、ローターを入れられ、私は感じないように抵抗したのですが無駄なことでした。
それから、脚が動かせないように緊縛されてしまったのです。
私は堪えられず、中出しだけはやめてくださいと言ったのです。
こういう時に話し掛けられるのは嫌なものです。
これから、レイプされるんだと思ったら、悲しさが込み上げてきました。
自分から体を曲げて股間を浮かせ気味にしてきたのです。
私は暴行され、気が遠くなりそうになりながら、早く終わってと考えていたのです。
もっと抵抗すれば、浣腸まではされなかったかもしれません。
あの日にされたことで妊娠してしまい、これから、どうしたらいいか分かりません。
すごく軽い気持ちで、後に付いて行って野外で犯されてしまったのです。
私は器用に目隠しをされてしまいました。
私は、まだJKのレイプ動画を見ていないのに、すでに勃起してました。
そして、不覚にも潮吹きしてしまったことを誰にも話したことはありません。
しかし刺激されて確かに快感を得ているようで、切なそうな表情をしていたのです。
その事を、はっきり分からせてくれれば、バイブを受け入れました。
そして座っている私をぎゅっと抱きしめて無理矢理、キスをしようとしてきました。
思い通りに生ハメさせてあげれば、早く解放されると思ったのです。
私は目隠しされないように気をつけていました。
そんな勢いで、バックでされたら、すぐにイってしまうと感じてました。
私は、レイプされたことを許すことは出来ません。
私はゆっくりとセーラー服を脱がし始めたのです。
私は、監禁されている間、奴隷のように扱われたのです。
そして、下着姿の私は、室内に放置されたまま、何時間もそこにいました。
まさか、拘束するなんて、一体これから何をするのか教えて欲しかったのです。
もちろん初めてSMプレイされた時の気持は誰にも、分かってもらえないでしょう。
もし、18歳を抱きたいのなら、後をつけるしかないのです。
そして、お尻を間近に見たら興奮するかもしれません。
そして、レイプをされているのに感じてしまう、自分はつくづく淫乱だと思いました。
今は用心する必要はないと思いモロ出しにしていました。
もちろん、まんこを見られるのは本当に恥ずかしかったのです。
私は電マを挿入されたまま顧みらることなく、放っておかれたのです。
私はアナルに入れられまいと、手で隠したのだけど、あまり意味は無かったみたいです。

私は、JKがレイプされている動画を見ているうちにすけべな気分になっていったのです。

そして目を細めて、どこを見ているのか分かりませんでした。
これから拷問されると思っていたのに何事も無く、なんか拍子抜けしてしまいました。
私のせいではないのだろうけれど、あからさまに避けているみたいでした。
こんなに気持ちが良いのですから、もっとJKのレイプ動画を見たくなってしまったのです。
それから、ハメ撮りをされたために、もう頭が上がらなくなっていました。
付き合い始めて、まだ日が浅いのに生挿入をしようとするのです。
私は起きあがると、厳しい表情をしながら、殴りかったのです。
それから綺麗な、おまんこを手でおおいました。
また、一緒に輪姦をしようと誘っても、きっと尻込みしてしまうのでしょう。
私は、執拗なまでJKをレイプしたのです。
私は、ザーメン中出しされて、体の中に熱いものが入ってくるのを感じたのです。
私は、JKをレイプしたのですが、最初は反応が無かったのです。
私は、美少女だと分かった瞬間に震えがきてしまったのです。
しかし、幸いにも強姦されたことは無かったみたいです。
この場で丸見えにしろと言われて、私は泣き出してしまいました。
私は、勢いで青姦するのは、さすが止めました。
もう調教し終わったので、今さら気を使うことも無くなりました。
実は無修正のDVDを見ているだけで性欲を抱いてしまうことに気付いたのです。
ちょっと前にレイプされたことから、まだ立ち直れないのです。
私は、待ち望んでいたクリトリスを見るために体をのけぞらしました。
そして、濡れた下着が透けてしまい巨乳が浮き出ていました。
あんまりに激しい動きをされると、うまく顔射することが出来ません。
もちろん指が音を立てているのです。
私を座らせると、カーセックスをしようとしたのです。
私は、早く終わってと思い、嫌々ながら、フェラチオをしたのです。
この前も同じようにJKをレイプしてしまったのです。
私が外に出ようとすると、すぐに腕を掴まれてすぐに止められてしまいます。
そして、成り行きでハメ撮りをしてもいいかなと考えたのです。
また、裏ビデオを見たがっている気持ちを察していたみたいです。
自分から流出させたという感じなのです。
私は、アニメを見るのが好きだったので、すぐに家に帰ったのです。
私は軽いノリで17歳に声をかけました。
その手が触れたかと思うと、パンツを引き下ろされてしまいました。
このままでは、レイプされるかもしれないと思い、この場から急いで逃げようとしました。
それから体を起こされて、巨乳を吸われたのです。
私はきわどい感じの姿勢で、恥ずかしそうに顔を隠している手を取り払いました。
もじもじとしながら、目線で早く入れてと催促しているようです。
これから3Pすると言われて、本当に帰りたくなってきたのです。
いったい16歳の気持ちをどこまで察しているのか知りたくなりました。
もう待てないという感じで思いっきり、制服を脱がそうとしました。
露わになった、マンコを舐められて、どんどん顔が赤くなるのを感じたのです。
覚悟していたとはいえ、レイプされるのが、こんな辛いとは思いませんでした。
例え疲れていても、今、個人撮影をしなければ、いつチャンスが来るか分かりません。
あらかじめ道に停めてあった、車に連れ込まれてしまったのです。
ある日急に乱交をしようと言われ、どんな態度をとったらいいかわかりませんでした。
初めて近親相姦をした時に体の震えが伝わってきたことを覚えています。
私は胸の奥から性欲を感じて、無料の画像を見ることに夢中になります。
私は両手を押さえつけられて、男たちに次から次へと輪姦されていたのです。
もちろん、本心は、JKをレイプするなんて気が進まなかったのです。
明日になったら、妹と一緒に風呂に入ろうと考えていたのです。
私はロリを見たくて、すごく物欲しそうな顔していました。
私は素人を抱いたことを忘れることが出来ません。
この場から、すぐに逃げようとしたのですが、公衆トイレに連れ込まれてしまいました。
私は、高画質で見ることで納得しました。
言い訳なんか必要ないから、なぜ処女喪失していたのか話してもらいたかったのです。
処女の場合であれば、恥ずかしそうにしながらも、自分から服を脱ぐのです。
私は集団レイプされたことを、人に知られるのが、とても怖かったのです。
男性が数人いて、いろいろな角度から私を見ていました。
そして、裏ビデオを見ていたことが、絶対にバレないと思っているみたいです。
また、15歳は、とても可愛い顔をしていたので、きっと好きになると思うのです。
私はアダルトを見ることが楽しかったのです。
私はレイプをされている間は、まったく抵抗できませんでした。
太ももは、最初こそ手を拒むように力が入っていたのです。
そのうち心地の良くなってきて、うっとりとしてしまいました。
クリを擦っているうちに、だんだん脚が開かれていったのです。

私は、JKがレイプされた動画を見て、興奮状態に陥ってしまいました。

やがて、股間から愛液が流れてくるようにようになったのです。
無茶をしなければ、きっと口内発射することまでは出来ると思いました。
これから、4Pさせられることを知って、とても悲しくなったのです。
こちらでも分かるくらい顔を赤くしていました。
もうこれ以上、抵抗しても無駄だと思いモロ見えにしたのです。
だんだん、sexがエスカレートしていくのも仕方ないということです。
愛撫するての動きが激しくなると、息も徐々に荒くなっていきました。
ベットの上で腕を伸ばして仰向けになっていたのです。
私はレイプされている間中、早く家に帰りたいと思っていたのです。
あそこの疼きがたまらなくなったみたいで、とうとう立ち上がってしまいました。
そして、私が、おっぱいを見せたら、いきなり覆いかぶさってきたのです。
その様子からも性欲が高まっていることは明らかだったのです。
それから無修正のDVDを見て、私のあそこが、また大きくなってきたのです。
それから、脚を両手でひろげようとしたら、さすがに困惑しているようでした。
何かをつぶやきながら喘ぎ声をあげたのですが、どこか苦しそうな感じでした。
まさか本当に私が、レイプされるとは、思ってもいませんでした。
そして静かに何度もうなずいたので、私は着けていたコンドームを外してしまいました。
私は何度も陵辱され、この行き場のない怒りをどこへぶつければいいのでしょう。
また手錠をされて、体の自由がきかない、もどかしさに体が熱くなるのです。
そして、乳首を吸われて、そこが硬くなっていくのが分かったのです。
全く遠慮のない態度でセックスすることを求めてきたのです。
私は、レイプされたショックで、まだ話しもできない状態でした。
まだ、女子高生だと知って興ざめしたことがあります。
私に分かるか分からないか微妙なくらいほんのわずかに胸を突き出してきました。
そしてクンニをしたら、悶えるように体を動かし始めました。
生でしてくださいと言うので、妊娠しても構わないと思ったのです。
数人の男たちにJKはレイプされて声を上げていました。
たとえモザ無しを見ていても、すぐに萎えてしまいます。
そして、本当に会うために家出することにしたのです。
私は、モザイクなしが、ここまでが刺激的だということを分かっていませんでした。
ようやく念願かなって、無料の画像を見ることができたのです。
約束どおり、せっかく会ったのだから、一緒に裏ビデオを見ることにしました。
私は、ただ黙ってJKのレイプ動画を見ていたのです。