中学生スカトロです。

私は中学生のスカトロの動画を見て最後まで興奮しっぱなしでした。

それから1年程、私も意地になって別れずにアナルSEXをしてました。
そうなれば中学生にスカトロをすることを持ちかけるために慎重に言葉を選びながら誘いをかけるのです。
浣腸させてくれるなら関係を続けてもいいと言われたのです。
最初の肛門にチンポを挿入されたのが忘れられず、やつれて動けけなくなっていて罵られたりしながら我慢してました。
私に脱糞させたりして「恥ずかしいだろう」と言ったりしてました。
私が持っていた中学生のスカトロの動画を見せたのは、やり過ぎでしょうか?
そして体の限界が来て、1ヶ月程してポッチャリの体型になった私を捨てました。
私がおかしくなったのは自分のせいじゃないくてSMプレイばかりしていたせいだとずっと言っていました。
もしも、無修正のDVDを見てばかりいたら、最後には自分を見失ってしまうことにもなりかねません。
その時糸が切れ、輪姦された経験があることを話してしまいました。
たぶん普通ならスカトロをすることを受け入れることができないのでしょう。
今度、会ったら、お尻を舐めさせてあげることになっています。
私が無修正のDVDを見ようよと誘ったこともあります。
いつも女子トイレを覗いてしまうのですが、そんな自分が嫌になります。
ここまで浣腸をさせられ泣き寝入りなんて出来なくて元の体に戻して欲しいです。
もちろん向こうが望むならこちらもフェラをしてあげる必要もあると思います。
とにかく最悪な関係なのにしばらくすると会いたいと言ってくるのはスカトロするのが気に入ってたんでしょう。
私は気が強いので、青姦するのが怖くて、それで手を出さなくなることはないと思います。
実際は排便したことは全部ほんとうの事です。
自分はこの切羽詰った状態から抜け出すために無料の画像を探してます。
何度も、中学生にスカトロをしてしまったことを謝って下さいとお願いしてました。
一ヶ月ずっと話をそらされ体だけ求められて、性奴隷みたいに扱われていたのでどうしても許せなかったんです。
私がバックでされることが好きなことを分かってるから、ずっと強気でした。
「え?!  うんこを食べたことあるの?」と、人が聞いたらびっくりするようなことで、私は意外に平気なのです。
私は援助交際したことがあったことをなかなか言えないでいたのです。
私にとって、太めのポッチャリの体かどうかはかなり気になるほうです。
何回も会うようになるにつれ、「きっと、目隠して抱くことも出来るんだろうな」と卑猥なことばかり考えてしまうのです。
特に、無料の画像を見て、それが自分の望んでいたことをしていたりすると、すぐにイってしまいます。
私は野グソをしているところを覗かれていることに気付いて時に頭が真っ白になって、その場に倒れてしまったことがあります。
もし中学生とスカトロすることができたら気持ち良過ぎて、すぐに達してしまうに違いありません。
もちろん、荒縄で縛られたくなければ、そのことを言われない限り、自分から、その話は切り出さないことです。
知り合ったばかりなのに、どのタイミングで桃尻を触ってやろうか考えていました。
なんだか13歳の童顔なのがいいのですね。
レイプすることが良いとか悪いとか言い訳しても結局は性欲に負けたということです。
私がパンツを脱ぐのが遅すぎて、中学生とスカトロをするチャンスを逃したらどうしようと考え込んでしまうのです。
そこで急ぎ過ぎないよう、亀甲縛りをしてもらうようにお願いしています。
最初のうちは、調教するにしても慣れていないので刺激を与えた時に相手の顔を見ながら痛過ぎてないか気をつけるつもりです。
軽い気持ちでした飲尿プレイが思いのほか気持ち良かったので次もぜひしいたいと思ったのです。
これから先、初めて中学生のスカトロの動画を見た時、どう思うのでしょう。
まだ気持ちの準備ができていないのにアナルセックスをすることになってしまったのです。
もし、とまどいを見せているようなら、焦らずゆっくりと、おまんこを舐めてあげればいいのです。
付き合い始めの頃は、まさかスカトロをする関係にまでなるとは思ったなかったのです。
美少女を楽しませるために、どこを刺激しようか念入りに探っているのです。
初めて無修正のDVDを見た時は、興奮して体がとても熱くなってしまいました。
そして、少し太めでデブであることが好みに合ったのか、楽しんでくれたみたいです。
相手がJCならば、たとえ自分の好みではなくても、抱くことができるはずです。
根気よく、お願いしていけば、きっと、いつかスカトロをしてくれるようになるはずです。
もしも、浣腸をされたら、どのくらい感じることができるでしょう。
きっと今までの自分では踏み出せなかった援交をしてしまうかもしれません。
久しぶりに裏ビデオを見て気持ちを切り替えることができました。
私は、もしかしてウンコを漏らしたと聞いてみたくなったのです。
いきなり、スカトロをしたいと言われて、どぎまぎしてしまったのです。
メス豚のように扱われたくて相手に合わせることってありますよね。
でも14歳になったら、どこまでならしてもいいのでしょう? 
恥じらいながら目の前でウンコをしてくれるのを見て愛おしいと感じることもあります。
一方、下痢を飲み干すようにと迫られれると、ちょっと引いてしまうということもありそうです。
私は、モザなしを見ることだけが望みだったことを思い知りました。
そこで今回は、中学生のスカトロの動画を見てもらって、どこで感じたか聞いてみました。
もっとローターで刺激を与えることができればイせられるはずです。
まんこを舐めて、それで感じない人はほとんどいません。
なぜそういう関係なってしまったか今では思い出せないのですが、何となく日常的に妹と近親相姦するようになっていました。
相手はすごく感じていたので、またクンニしてあげると言っておきました。
その中でも、たとえば口内に排泄してあげることが、特に刺激を感じてくれるでしょう。
いきなり、スカトロされたりすると、性欲が呼び起こされて違う感情があらわれることがあるのです。
常に相手を支配したいと思うようになってから、拘束することが当たり前になっています。
やったことのない方は 絶対に出会い系の掲示板で知り合うなんて出来るわけがないと思うかもしれません。
そんな時は15歳が何を考えているかよくわかります。
つまりモザイク無しを見るのはいいけど、それでイってしまうはようではダメだということです。
もし、スカトロをされるのが嫌なら、さっさとその場から立ち去りましょう。
誰だって人の前で裸になることを迷うはずです。
最初は、その気が無くても、フェラチオをしてもらっているうちにベットに誘いたくなる欲求はより強くなります。
でも本当にしたくなった時に思い通りに脱糞することが出来るか試しています。
また、相手が自分の言うとおりになると、浣腸したいという気持ちになるのです。
たとえば、女子トイレに忍び込んだだけでも性欲が満たされます。
気持ちを掴むためには積極的に中学生とスカトロするかもしれません。
相手のすることを信じることができれば、ハメ撮りすることを心配することはありません。
自分の思うようにできれば、まんこを舐めてもっと気持ち良くしてあげようと必死に頑張っちゃうものです。
いくら相手が承知したからと言って、指マンばかりしてはいけません。
いつも盗撮したいと思っているのですが、現実はうまくいきません。
うまくアナルSEXをして感じさせらたら、もうこっちの言うことは何でも聞いてくれます。
私は流出したものを見ることで興奮してしまうのです。
初めてスカトロをしたのですが気持ち悪さを感じるわけでもなく、淡々とそれに集中することができました。
私は、スムーズにそれが出来るようになるためにローションを使い、体をぬるぬるにしたのです。
いきなりザーメン中出ししたら悪いかなと思って、「出していい?」と声をかけました。
それから顔を見て「本当に巨乳だなあ」と言ってました。
これじゃあ自撮りしたくなっても仕方ないみたいなことを遠回しに言ってました。
褒めることで脱ぎたてのパンツを渡すことを私に納得させようとしてました。
きっと、もっと気持ちよくなりたくて、中学生とスカトロをしたいと思われてしまったかもしれません。
でも、この流れを止めたくなかったので黙って、うんちを漏らし続けていたのです。
これから、さらに激しく責められると気付き、どMな私の体は震えました。
これから処女喪失することへの心配と、それから期待に胸の動悸が高鳴ってました。
これからシックスナインできるか?でも、こればっかりは会ってからじゃないとわからないのです。
そういった想いもあって、私は無修正のDVDを見て大いに盛り上がったのです。
もう夜遅くなったので、女子トイレの中で一晩過すことになったのです。
そして、部屋に入るとすぐに中学生のスカトロの動画を見始めたのです。
前からの知り合いだったこともあり、みんなハイテンションになっていたからです。
それから体位を変えて、最後に中出ししたのです。
おおよそ一時間たった頃、疲れてきたので、私はバックの姿勢することにしたのです。
2時間くらいお互いの恥ずかしいところを丸見えにして抱き合っていたのです。
それが飽きてしまうと、輪姦しようかと言い出したのです。
それが流出していたなんて、まったく知らなかったので、少し戸惑ってしまいました。
両手でパンツをずり下ろされて、ワレメが露わになったのです。
「すごい見て、もう濡れているよ」と言いながら、スカトロを始めたのです。
「さっきからウンコが漏れてますよ」と言われ、恥ずかしくて赤面してしまいました。
気付けばパンツも剥ぎ取られていて、割れ目のまわりを舐められていたのです。
二人に同時に2穴に挿入されるなんて初めてで気が変になりそううになったのです。
それからローターで責められて快感が次々と襲ってきました。
私は人前で排泄するという変態趣味に興味を持つようになってしまったのかもしれません。
もう、これが無料の画像だなんて考えらなかったのです。
ハメ撮りしていることも忘れて、はぁはぁという荒い息をしながら舐め続けてました。
私は相手の喘ぎ声を聞きながら、スカトロをしまくってました。
あそこをモロ見えにされただけでもイきそうになったのです。
私にとって初めての飲尿プレイだったので、特に快感が激しかったのです。
これ以上、クスコで拡張されたら、もう出来ない体になっちゃうと我にかえったのです。
絶対にTwitterに投稿したことがあるのだろうなと思ってました。
私は反対しようとしたのだけれど、相手はノリノリで、生ハメする気満々でした。
あまり強くは言えなくなってしまい、結局はウンコをすることになったのです。
中学生のスカトロの動画を知ってから毎日オナってばかりの嫌だからもう見たくないのです。
まあ、下痢を飲み干すことが、そこまで嫌だったわけではないけれど、いざ飲もうとしたら急に気持ちが萎んでしまいました。
最初のうちは、紳士的な感じだったけど、そのうちバイブを使っいいかと言い出したのです。
服の上から巨乳に触るとか徐々にエスカレートしていったのです。
それくらいなら私も気にならなかったけど、オシッコを飲ませてくれと言われた時は別れようかと思いました。
そのうち、スカトロをすることも多くなって、少し違うかなという気持ちになったのです。
ここまでは楽しかったし、マンコを見せても良かったとも思ったのです
でも、3穴に挿入までしたら、もう止まらなくなるかもと心配になったのです。
3pをしようと考えていても、相手がそれをすることに興味が無ければ自分だけが空回りしてしまいます。
そしてヒップを優しく、時に激しく触るのです。
腰をつかまれオメコに挿入されると、また私の声が一段と高くなるのでした。
すると「ああ、オシッコをしたくて、もう我慢できなくなってきたかも」と私の耳元に囁いたのです。
次の瞬間、熱く勃起したものを、お尻に押しつけてきたのです。
私は中学生のスカトロの動画が気に入してしまって、それで何回もオナニーしたのです。